どの程度の時間?


申請をする実印に不備が指摘されるケースもありますし、身分証明書の有効期限が切れているという場合もあり、そのような場合は、印鑑登録の流れは中断してしまうことになりますので呉々も注意をしてください。印鑑登録が終了すれば、「印鑑登録カード」が発行されることになります。印鑑登録カードが発行されれば、今度は必要な枚数分だけの印鑑証明の交付申請を行います(発行手数料が必要です)。印鑑登録カードを作ってもらうことが出来れば、今後 印鑑証明の交付時は、身分証明書がいちいち必要ということはありません。 混んでいなければ3分程度で手続きは済んでしまうでしょう。

人印鑑登録時に実印の確認や、本人チェックは既に済んでいるので、ことはスムーズに進行して行く筈です。 やっぱり一番は、本人が手続きをすることがベストです。代理人による取得などのケースでは、印鑑証明書の取り方法が変わって来たりしまうので注意をしてください。

いかがでしょうか。なんとなくでも、印鑑登録から印鑑証明の発行について何をしなければならないかについての流れを理解することが出来たでしょうか。印鑑を購入することから含めれば、インターネット通販と言えどもかなり時間を要することになりますので、まえもって計画をしっかりたてて行動してください。